支援指針


事業の目的と運営の方針

 

要介護者の認知症高齢者に対して共同生活住居において家庭的な環境と

地域住民との交流の下で、入浴、排泄、食事等の介護、

その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行なうことにより、

利用者がその有する能力に応じて自立した日常生活を営むことが

できるように支援することを目的とする。

 

 

支援理念

 

最善の介護サービスを最高の誠意と人間愛を持って。

  • 安心して受けられるよい介護
  • 主役は利用者様
  • 地域社会への貢献

 

支援方針

  • 介護の質の向上
  • 利用者様の満足度の向上
  • 地域介護機関・医療機関との連携
  • 共に生き共に生活する
  • 一人ひとりの行動言動を受けとめ洞察することで自立支援をする
  • 自尊心を尊重した介護にあたる
  • 安全で安心出来る生活・環境を提供できるホームにする
  • 地域行事に参加することで、地域交流を図る